フロントブレーキのディスク化(next step)

GB250クラブマンのディスクを組み込んだ。確かにその行為自体は正解だと思う。他の人のバイクはわからないが、とにかくドラムは効かなかった。しかしどうにもしっくりこない点があった。
それはスタイリングである。
やっぱり旧車が好きな理由は格好がいいからであってそれを崩してまでブレーキを効かせたいなら新型のバイクに乗ればいいじゃんってことになる気がしないでもないあまり御託を並べても仕方ない。ただひとつ言いたいのはCBのあの姿形が好きだということなんだ。

とりあえずフロントフォーク、フォークカバー、フォークブーツ、フロントホイール、キャリパーなど一通り揃った

これが先代流星号から剥ぎ取ったキャリパー
写真では一見きれいに見えるがかなりヤバイ

ピストンは錆びて固着
中は白い粉だらけ
パッドはぼろぼろに崩れる
胴パイプも錆か汚れで触りたくない
ホースは皮がむけて中のメッシュが見えてる
胴パイプの方が雰囲気があるかな?
でもこの先のホースが高いので見送り
で、メッシュホースがつけられるようにと
ストレートフィッティングを購入
ちょっと隙間が・・・
間に胴ワッシャ−を挟まなきゃならないと思うのだが
段差があってダメ
ワッシャ−よりふた廻りくらい径が小さいので厄介
段差
パッド

これはライニング屋にて張替え予定
純正パーツは片方が絶版
これじゃ止まらない