CB250 アースの強化

モト・メンテナンス誌に掲載されていたヘッドランプのアース強化をしてみた
簡単に言うと古くなった配線を新しくし更にバッテリーへ直接引いてやろうというものだ。
これによりプラスからマイナスへの電気の流れがスムースになりその車両によってはライトが明るくなる。
ボディーアースに頼っているCB250もフレーム自体の酸化などにより電気がスムースに流れていない可能性は大いにあるので一度マイナスの電気の流れをチェックしてみると良いかもしれない。
まずはライトを外しソケットを外してやる
つまめるところを探し引っこ抜く。
ソケットのプラスチックは経年変化などにより非常に割れやすいので細心の注意をもって作業に臨む。
もとあった線を引っこ抜き新しい線を同じように刺してやる。
この車両ではアースポイントを増設しているのでそこまで一本で引いてやる。
ライトの取り外しも考慮して分割できるようにする。
注意点としてはソケットを組みなおすときに3箇所ある爪と溝を合わせてやらないとバルブが組み込めずまたやり直す羽目になるので注意。

戻る